民間に支払う諸費用

家を売るのにもお金が必要と言いましたが、こちらについて説明をしていきたいと思います。
家を売却する際に、税金以外でかかる費用に、不動産仲介手数料と言うものがあります。これは、家の売買の際に仲介してくれる不動産会社に支払う手数料です。実は、この仲介手数料が、住宅の売却時にかかる諸費用の中で最大のもので、諸費用のうちの大半を占めるものです。
契約イメージ仲介手数料は業者が自由に決めることが出来ますが、上限が、“取引価格の3%+6万円+消費税”と決められています
かつては、仲介手数料を上限いっぱいまでとる業者が多かったようですが、最近は仲介手数料の安い業者も出てきています。
仲介手数料を安く上げたいという気持ちもわかりますし、仲介手数料の安い業者が必ずしも悪いわけではないですが、住宅の売却で動く金額は大きいため、値段よりも信用で業者を選ぶ方がよいでしょう。

仲介手数料の他には、抵当権抹消手続きを司法書士に依頼する際の依頼料が5,000~1万円、住宅ローンの繰上げ返済の為の事務手数料が、金融機関やプランによって異なりますが、固定期間選択型ローンでは3万~5万円、それ以外では3,000~5,000円ほどかかります。
また、ハウスクリーニングやリフォームを行う場合はその分の費用もかかります。自分で住まない家を自分できれいにするのは釈然としないかもしれませんが、家の状態は家の査定額に影響するため、最終的には得になることもあります。

 

家を売る際の税金

お札の画像
家を売る際にも、税金は勿論かかってきます。必ずかかるものには、売買契約書に貼る印紙税と抵当権登録抹消の際の登録免許税がかかります。印紙税は、契約金額や契約書の作成時期によって金額が細かく変わります。詳しく知りたい場合は、国税庁のホームページなどで確認することをオススメします。登録免許税は、不動産1つにつき1,000円かかります。不動産1つ1つにかかるため、家と土地を売却する際には、2,000円かかります。

また、家を売却した際、家の購入金額を売却金額が上回って利益が出た場合は、それが収入となるため、所得税と住民税がかかりますが、その利益が3,000万円以下であれば、確定申告をする事で、税金がかからなくなります。逆に、購入金額より売却金額が低い場合は、税金はかかりません。それどころか、確定申告をする事で、“譲渡損失の繰越控除制度”という制度によって、住宅売却時の損失分を控除することができ、4年間、所得税の還付を受けることが出来ます。
家を買い換えた場合と、家の売却だけを行った場合で、制度を受けられる条件や損失の計算方法が違うため、注意が必要です。詳しく知りたい場合は、役所の窓口で聞いてみるのがいいでしょう。制度を詳しく知らなくても、確定申告さえすれば、戻ってくるものは戻ってくるので、とりあえず確定申告しておくというのは間違いではないでしょう。

家を売ることの難しさ

¥マークと電卓家を売ると思う状況というのは、えてして、お金が必要なときかと存じます。
住宅ローンが残っていない家を売るときはまだいいのですが、住宅ローンが残っている状態で家を売却するケースがほとんどのようです。
住宅ローンが残っている家を売る場合は、赤字が出ないよう気をつけねばなりません。
家の売却価格が住宅ローン残高より安い場合に赤字になるのは勿論なのですが、実は、家の売却価格が住宅ローン残高と同じか少し高い場合でも赤字になってしまいます。
住宅ローンが残っている状態で家を売却すると、売却完了時に残っている住宅ローンを一括返済しなければならないため、売却時に赤字が出ると、家計への負担が大きなものとなってしまいます。

家の売却価格が住宅ローン残高と同じなら、住宅ローンは家の売却金で返しきれるのにどうして赤字になるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、実は家を売るのにもお金が必要で、しかも、その費用と言うのはなかなかに高額なのです。
そのため、住宅ローンが残っている状態で、家を売って赤字を出さないようにしようと思うと、住宅ローン+住宅の売却にかかる諸費用よりも高い金額で住宅を売却する必要があります。

実際のところ、家の売却価格には相場があり、必ずしも好きな値段で売却できるわけではないため、赤字が出てしまうことが多いようです。しかし、赤字の補填などで慌てふためくことなく、計画的に家を売るためにも、ここでは、家の売却をするときに、どのようなお金がどれくらいかかるかを紹介します。