家を売ることの難しさ

¥マークと電卓家を売ると思う状況というのは、えてして、お金が必要なときかと存じます。
住宅ローンが残っていない家を売るときはまだいいのですが、住宅ローンが残っている状態で家を売却するケースがほとんどのようです。
住宅ローンが残っている家を売る場合は、赤字が出ないよう気をつけねばなりません。
家の売却価格が住宅ローン残高より安い場合に赤字になるのは勿論なのですが、実は、家の売却価格が住宅ローン残高と同じか少し高い場合でも赤字になってしまいます。
住宅ローンが残っている状態で家を売却すると、売却完了時に残っている住宅ローンを一括返済しなければならないため、売却時に赤字が出ると、家計への負担が大きなものとなってしまいます。

家の売却価格が住宅ローン残高と同じなら、住宅ローンは家の売却金で返しきれるのにどうして赤字になるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、実は家を売るのにもお金が必要で、しかも、その費用と言うのはなかなかに高額なのです。
そのため、住宅ローンが残っている状態で、家を売って赤字を出さないようにしようと思うと、住宅ローン+住宅の売却にかかる諸費用よりも高い金額で住宅を売却する必要があります。

実際のところ、家の売却価格には相場があり、必ずしも好きな値段で売却できるわけではないため、赤字が出てしまうことが多いようです。しかし、赤字の補填などで慌てふためくことなく、計画的に家を売るためにも、ここでは、家の売却をするときに、どのようなお金がどれくらいかかるかを紹介します。